大阪府結核予防会大阪病院松本副院長が参加する国際研究チームが、超多剤耐性結核菌の薬剤耐性と遺伝子変異の関係を調べ、新規耐性機構ならびに遺伝子変異を見出し”Nature Genetics”に発表しました。

■掲載内容

現在有効な治療薬がない超多剤耐性結核の出現の問題により、結核はエイズを抜き世界の死因の第一位になった。超多剤耐性結核を早期発見し感染を防ぐとともに、新規の薬剤開発が求められる。
大阪府結核予防会大阪病院の松本が参加する国際研究チームは、世界30か国から6465株の結核菌を集め、次世代シーケンサーにて結核菌薬剤耐性と遺伝子変異の関係を調べ、新規耐性機構、ならびに遺伝子変異を見出し”Nature Genetics”に発表した。この研究により、治療薬のない新規抗結核薬の開発、ならびに薬剤耐性結核菌の迅速検査の開発が進み、結核による死亡を減らすことが期待される。

参考URL https://www.nature.com/articles/s41588-017-0029-0

  • お問い合わせ
  • 医療相談室
  • 健康診断

結核予防会 大阪病院は日本医療機能評価機構認定病院です。

ページトップへ