【TEST】泌尿器科

  • HOME
  • 【TEST】泌尿器科

泌尿器科

特色

泌尿器科は腎実質(尿を作る)と腎盂・尿管・膀胱・尿道からなる尿路(尿の通り道)、および前立腺、精嚢、陰茎、精巣などの生殖器、そして副腎や後腹膜を担当します。腎がん、膀胱がん、前立腺がん、精巣がんなどが代表的な対象疾患です。
悪性腫瘍以外には、尿路結石、尿失禁、過活動膀胱、前立腺肥大症の他、膀胱炎、腎盂腎炎などの尿路感染症、性行為感染症、勃起不全など老若男女を問わず様々な疾患を診断・治療します。

主な対象疾患

前立腺肥大症

尿が出るまで時間がかかる、勢いが弱い、線が細いなどの症状がございませんか?この様な症状から考えられるものに前立腺肥大症があります。前立腺が大きくなることで尿の通り道が狭くなることからこの様な症状になります。また使用する薬の種類によっては尿の出を悪くするものがありますので注意が必要です。

過活動膀胱

突然、前触れもなく起こる、がまんすることが困難な尿意を「尿意切迫感」といい、これが過活動膀胱の主な症状です。他には頻尿・夜間頻尿、尿失禁などの症状があります。

尿路結石症

疼痛(腰背部・側腹部・下腹部痛)および血尿の症状があります。診断は可能ですが、処置(手術)が必要な場合、適切な病院にご紹介となります。

膀胱がん

痛みもないのに目で見て赤い尿が出た場合、膀胱がんの可能性があり注意が必要です。尿細胞診・画像検査・膀胱鏡などにて迅速な診断を行います。

前立腺がん

健診などにてPSA(前立腺特異抗原)の値が高い患者様は前立腺がんの可能性があります。直腸診・画像検査など複合的に検査を行い前立腺がんの可能性があれば確定診断のために生体検査が必要となります。

患者さんへ

このような症状でお困りではありませんか?
尿意切迫感・頻尿・夜間頻尿・残尿感・尿失禁・尿勢低下・尿線途絶・腹圧排尿などの症状は、前立腺肥大症や過活動膀胱の可能性があります。これらの尿とトラブルは立派な病気であり、きちんと治療することで多くの場合改善が可能です。
また、尿潜血が陽性と言われた(尿が赤くなった)場合、尿路悪性腫瘍(腎臓がん、腎盂がん、尿管がん、膀胱がん、前立腺がん)、結石、尿路感染症、腎炎などが考えられます。目で見て尿に血が混じっているのが分かる血尿を肉眼的血尿と呼びます。原因は多数ありますが、いずれも泌尿器科的治療が必要な場合が多いため、尿が赤いことに気づいたら放置せずにすぐに泌尿器科を受診してください。

ご紹介いただく先生に

腎がん、膀胱がん、前立腺がん、精巣がんなど悪性腫瘍および尿路結石症に対しては、診断のみ可能で治療に関しては患者さんにとって適切な病院にご紹介となります。
排尿障害(前立腺肥大症・過活動膀胱・神経因性膀胱など)および尿路感染症に関しては、治療可能です。

2022年度 泌尿器科入院件数

名 称 件数
COVID-19 17
膀胱腫瘍 8
前立腺の悪性腫瘍 6
前立腺肥大症等 5
下部尿路疾患 3
39

担当医紹介

役職 氏名 学会認定、資格等
部長 小池 浩之 日本泌尿器科学会専門医
日本がん治療認定医
緩和ケア研修会終了
非常勤医師 国方 聖司 日本泌尿器科学会専門医

外来担当表

午前 小 池 国 方 小 池 小 池 小 池