お問い合わせ
TEL:072-821-4781072-821-4781(代表)
TEL:072-821-4781072-821-3888(健康診断)

〒572-0850 大阪府寝屋川市
打上高塚町3番10号

寝屋川市の総合病院|一般財団法人 大阪府結核予防会 大阪複十字病院

部門・看護部

ホーム»  診療科・部門»  部門・看護部

看護部

看護部理念

私たちは、患者さまの人権を尊重し、
心のこもった質の高い看護を提供します

看護部方針

  • 地域の皆さまから信頼される看護を実践します
  • 安全で安心な看護を提供します
  • 他職種と協働し、患者さま中心のチーム医療を提供します
  • 地域との連携を密にし、看護活動を通じて地域に貢献します
  • 健全な病院経営に積極的に参画します
  • 看護の専門職として自主的に自己の能力開発に努めます

看護部目標(2021年度)

  • 安心・安全で信頼される看護を提供します
  • 入院から在宅まで切れ目のない質の高い看護を実践します
  • 新病院へスムーズに移転し、新たな病棟運営を構築します
  • 病棟毎の特殊性を理解し円滑なベッドコントロールを行い病院経営に参画します

病棟紹介

4階病棟:急性期病床・疑感染病床(20床)・結核病棟(30床)
結核病床と疑感染症病床・一般急性期病床の3つのエリアに分かれた病棟です。
新病院へ移転し今まで以上に徹底した感染対策が行える病棟の構造になっています。
急性期からターミナル期まで様々な病状の患者さんに寄り添い、安心安全な看護が提供できるよう努めています。また結核病棟では、結核マンガ読本やビデオを用い結核についての正しい情報を提供しています。そして服薬手帳を活用し患者さんとコミュニケーションを密にする事で不安の軽減にも努めています。
5階病棟:一般急性期病棟(50床)
5階病棟は呼吸器疾患を主とする内科と外科及び整形外科・泌尿器科での術前・術後や気管支鏡検査の患者さんの看護を行っています。患者さんが安心して医師、栄養士、薬剤師、リハビリ部門等と連携をとりながら患者さんの入院生活を支えています。
また、退院後の生活を見据え、地域で患者さんを支える医療スタッフとの連携を大切にしています。みんな笑顔で、患者さんが日々安心して入院生活が送れるよう努めています。
6階病棟:地域包括ケア病床(30床)療養病床(20床)
6階病棟は地域包括ケア病床・療養病床の混合病棟です。
地域包括病床では在宅復帰を目指し患者さんに寄り添いその人らしく生活が送れるようリハビリを行いながら退院を支援しています。在宅復帰に向けマネジメント力を発揮し、多職種協働によるチーム医療を行っています。また医療療養病床では医療度の高い患者さんに安心安全な療養生活が送れるように看護を提供しています。レスパイト入院の患者さんも積極的に受け入れています。
手術室
手術室は2部屋あり、一つは結核患者さんの手術が行える部屋、もう一つはバイオクリーン手術室で、高い清浄度が必要とされる膝関節や股関節の人工関節置換手術を行っています。手術前後を通して患者さんの不安を取り除き安心して手術が受けれるように取り組んでいます。
外来
外来では看護外来に力を入れ、3学会合同呼吸療法認定士・抗酸菌症エキスパートナースの指導の下、在宅酸素療法中の患者指導・結核治療中の患者支援を行っています。また、外来化学療法室ではがん患者の点滴治療やリウマチ患者の生物学的製剤治療を行い、在宅自己注射指導などはリウマチケアナースを中心に業務を行っています。
感染外来エリアは特別な空調システムを採用しており、一般外来とは隔離された空間での診療が可能です。
患者さんが御自身の疾患と向き合い、在宅療養をサポートできるよう取り組んでいます。

看護部教育

教育の目的
病院・看護部の理念に基づき、専門職業人としてのキャリア開発を目指し、教育環境を活用して自己研鑽を重ね、日々の看護実践の中で自己成長ができる看護師を育成する。
教育目標
  • 専門職業人として主体的に学習できる
  • 専門職業人としての自己の役割
  • 組織の一員としての自覚を持ち、職務を遂行する能力を高めることができる
  • 看護の質向上を目指した研究的態度をもつことができる
年間教育プログラム
看護研究
看護部の委員会活動